Satoshi村

   Mio P350 バッテリー交換

Copyright(c)2008- Satoshi All Rights Reserved.

 

Mio DigiWalker P350 バッテリー交換

分解しないとバッテリー交換できません 2008.05.17

5月10日に中古で買った Mio DigiWalker P350ですが、2日間でバッテリーが無くなってしまいます。
1日目はいいのですが、、、なぜか2日目はあっという間に無くなってしまうのです。
ネットで調べると、、、バッテリーと交換工賃の込みで6000円前後もします。
と言うことで自分で交換することにしました。

まず、互換バッテリーを探します。
互換バッテリーの通販「電池プロ」 ここで1603円+送料630円で買いました。

  ← 互換バッテリー
Replacement for MITAC Mio Mio P350, P550 Pocket PC Battery

分解です。 と言ってもバッテリー交換だけなのでカバーを1つ開ければいいと思ってました(^^;;;

 ネジが1本だけ隠れてます

両面テープで付けられているだけですのではがします。
ネジを取るとカバーが外れます。

  ←電源のコネクタ部分

この状態でコネクタを外しバッテリーを取り外すことも、、、できなくはないですが難しいです。
指が細く小さい人ならできるかもしれませんね。 私は無理でした。

しかたないので赤丸の部分のネジも取ります。
すき間に精密機械用のマイナスドライバを表から差し込んで少しずつ外していきます。
かなり硬いので注意が必要です。 カバーはスピーカーとつながっているので無理に引っ張らないで下さい!

  ← スピーカーとつながってる

コネクタを外すだけです。 赤と黒のコネクタ位置を記憶しておいて下さい。

 ← カバーが取れました。

 

  ← 左側がGPSの内蔵アンテナ

テープで固定されてますので、ちょっとだけはがして電源コネクタを外します。
ある方向にしか入らないと思いますが赤と黒の位置を記憶して下さい。

  ← バッテリーは両面テープで付いてます!

ちょっと信じられないのですが(^^;;; バッテリーは両面テープで固定されていました。
何年かすると接着力が落ちて中でカラカラと移動するのでは??と思ったのですが、、、
両面テープはかなり強力でした。 カッターナイフを差し込んで少しずつはがしました。

  ← 互換バッテリー取付

バッテリーの位置合わせがなかなか難しいです。
と言うか両面テープなのでくっつけると動かせないのです。 微調整ができないのよねぇ。
こういう安っぽい作業って、、、なんか笑ってしまいました。 でも好きです(^^;;;
コネクタの向きを間違えないで差し込むこと! 赤がプラスです。

取付が完了したらカバーのスピーカーから出たコネクタを差し込んで、カバーを取付けて完了です。
バッテリーがチャージされることを確認して下さい。

「うまく行った」「ダメでした」「こういう方法もあるよ」などなど、、、ご意見ご感想は掲示板にてお願いいたします

注意すること!  機種は Mio DigiWalker P350です。

           他の機種が同じ構造とは限りませんのでご注意下さい。

 

バッテリー交換は自己責任でお願いいたします。

2008.05.17 Satoshi